シュミーデ

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ご協力お願いします。

小さな天気予報

FC2ブックマーク

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

やっぱりドイツや!ノイシュヴァンシュタイン城 

アルプス山脈の中をぐるぐると走り回り
いくつもの峠を越え、小さな村のを走り抜け
視界が広がりました。

はい、ドイツ!

私達夫婦なぜか

安心感に包まれました。

どんな感じかって?

帰ってきた!

ってな感じです・・・・。

イタリアの印象はすべてがアバウトな感じ・・・・・・。

その点ドイツはシャッキっとしてる・・・・・。
個人差あると思いますが。

話に戻ります。
今回の目的地は

ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったという

ノイシュヴァンシュタイン城
です。
220px-Castle_Neuschwanstein.jpg

この事を子供に話すと、お城の中に「お姫様がいる」と言い出し困りました。

今日の宿は、ノイシュヴァンシュタイン城に一番近いホテルです。(プチです)
ロケーションも最高で、なんと目の前にもお城が!
resize0208.jpg

さっそく、ノイシュヴァンシュタイン城見学に行きました。
ホテルは山の麓、お城は山頂、しばらく歩くと・・・・・・。
resize0207.jpg
木の間からお城がチラリ見えだしてくると子供もおおはしゃぎ!
やっとこさつき館内見学。
感想としまして。
どこの国の大将も派手好き
(下の者たいへんやったやろうな~)

と思いつつ展望の良い処へ

220px-Forggensee_HQ_20081001215138.jpg
サイコーの眺め!

帰りは馬車に乗って帰ろうと子供が言うので乗ることに
一番前で、たずなを子供と一緒に操ることに・・・・・。(係りの人も横にいます)
子供は、おおはしゃぎ!
私は、くっさー(馬くさいです)
何とか到着。

resize0206.jpg
ホテルの前から写しました。
右上にお城が見えます。

次回、フュッセン観光!


















スポンサーサイト
旅行  :  trackback 0   :  comment 0  : 

さらば・・・イタリア・・・。 

2日間フィレンツェに滞在しまして
町中歩きまくりました。
イタリア人も子供に対しては、メチャメチャ気を使ってくれ、やさしく
喋りかけてくれたり、相手してくれたり。(子供は、チャオの連発でしゃっべってます)
歴史、感じました。

再びドイツに帰ります。
今回は、アルプス越えは、アウトバーン使わず下道で!
レンタカーの旅は、町から町色んな所によってけるのが良いところ!

行きと一緒でベローナで一泊して、アウトバーンで、オーストリアのインスブルックで降ります。
途中雪が積もってます。
resize0205.jpg
車窓から

インスブルックの街はアルプスの間に在りとても美しい町並みです。
(一泊したかった)


しばらくのどかな風景の中を走ります。
resize0203.jpg


町はずれの村。

resize0204.jpg

そろそろ峠に入ります。

それにしても交通マナーがいいです。
走っていても気持ちがいいです。

峠でもこのベンツAクラスディーゼル走る走る!!
途中小さな村をいくつか越え、道の駅みたいなところで休憩!

空気がうまい!コーヒーもうまい!
来てよかったー!!
日本人さすがにおれへんし!

私達夫婦は、ちょっとへんこ?

resize0202.jpg



次回、やっぱりドイツや!











旅行  :  trackback 0   :  comment 0  : 

フィレンツェ観光! 

駐車場からホテルまで歩くこと10分
石畳で使い物にならないスーツケース2つかついでホテルチェックイン
「パスポートコピーするから貸して」
と言われ差出(まちがいでした!)
部屋の鍵もらって部屋に。

これが面白い作りで
ドア2重もちろん鍵2重その間に1メートルぐらいのポーチ。
部屋は、半地下窓なし 天井3mぐらい 大きさ20畳位
声響きます。
まるで
監獄 よくいえば なし。
バスは大きくこの点は
ナイス!

そうそう、パスポートどないなってんねんやろ?
フロントに行ってみると
なんとカウンターに
3っつ並べてきれいに置かれてますやんか!
さすがイタリア人きれいにならべて・・・・・・。
ボケッ!!
フロント誰もおれへんしパクられたらどうすんねん!
ママと二人で
「イタリア人やの~」

さー観光するで~!意気込んで町の中心へ。
と、子供が
「注射器~」
何やそれ!拾うな!
シ○ブの注射器です。
裏路地に行くと決まって数本落ちてます。
ママと二人で
「イタリア人やの~」

それと、もう一つ
フィレンツェ旅行パンフ
絶対に

町の上ななめ20度ぐらいの写真しかないのは
地上3mまで汚いから
落書き、バイク放置、ゴミ、注射器、犬糞・・・・・。

これから行く人ごめんなさい!

でも、流石ルネッサンス文化が花開いた街!

歴史を感じます。
resize0201.jpg
バクチ橋      (ヴェッキオ橋です)
行かれた方ならわかると思います。

結構歩きました。

いろんな店に入り御飯もおいしく

イタリア人に、慣れたらサイコー


次回、さらばイタリア人。







旅行  :  trackback 0   :  comment 0  : 

イタリアって・・・・。 

ヴェローナ。

この街はロミオ&ジュリエットの舞台の町でした~。

私の感想としましては、

交通ルールかなりアバウト
信号の度ゼロヨン!   (ひっぱんでー!)
コーナー、ロータリー突っ込み勝負!(まかしとかんかい!)
突然、2車線から1車線に・・・・。  (幅寄せされるんでこれは、びびりました。)
信号待ちでジプシーが・・・・・・。

食事では、サラダにオリーブオイル(つかるぐらい)
鬼のようにバルサミコ  (そんなかけたらすっぱいちゅーねん)
パスタ、定番頼めば○。冒険すれば×。

そんな感じでまだ南へ!!

アウトストラーダ(高速道路)に乗り、走り出すと風景が変わってきます。

だんだん緑が濃くなりのどかな風景が広がります。
子供は暇なのか後ろの席から紙飛行機飛ばしてきます。

そろそろ目的地

フェレンツェに到着。  あれ?

工場ばっかりやんかー!

と思いきや……発見!

チョー有名なドォーモ (フェレンツェの象徴的な建物)

あの方向や!
「次で高速おりんでー!」
降りてみると道は思ってた以上にグチャグチャ、車多いし人飛び出てくるし。
ロータリーほんまに突っ込み勝負で、自分のライン決めたら突っ込むのみ!
ためらっていたら何周も回ることになるでしょう。

到着~。

フェレンツェ
で、

今日の宿は?どこ?どこらへん?車で行くの難しい?駐車場あんの?

はいっ!
車を寄せて私が探しに行きました。
10分ほどで見つかり
ホテルのフロントで身振り手振り
通じるもんです。大阪弁!
車に戻り、駐車場に入れホテルに到着!!
resize0199.jpg
うちのママです。

次回、フェレンツェ観光。














旅行  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ドイツ  アルプス越え。 

アウグスブルクで、レンタカーを借り換え
フォードから、ベンツAクラスに変更。
借り換えるときにスタッドレスあるかと聞くと

「いらん」

「アルプス大丈夫か?」

「アウトバーン管理がいいから通行止めならない 雪、問題ないね」

かたくなに 拒否
仕方なく荷物を載せ替え出発!

このベンツ馬力あり!!
一速二速ホイルスピン!
ディーゼルですが静かで140km巡航でもアクセル踏めば加速してくれます。
ようやくストレスフリーなドライビング。
気が付けば
ミュンヘン

ミュンヘンで一度アウトバーンを降り市街地またアウトバーンで
オーストリアに向かいます。
途中、オーストリアのパーキングにて高速チケット購入
この国は、アウトバーン有料なんです。
次に現れた町は、インスブルック

景色もアルプスの山々に変わり
絶景
(皆さん旅は、車です)
綺麗な空と白く色好き始めた山々
こんな所に住みて~
とか思ってるとトンネル 
このトンネルも有料、(気持ちが良いのでにっこり払います)
ようやくアルプスのイタリア側に入ったかなと思ったときに事件発生。


道、真っ白やん・・・・。

しかも一車線規制、長い下り坂(1キロぐらい)

スピード120km,

まぁ~大丈夫でしょ!みんな走ってるし~。
突入、
無事通過
ちょっとおしりが振ったぐらいでした。

イタリアのトレントを通過し
今日の宿泊地であるヴェローナ
あの有名な・・・・・・・・?      (答えは、次の回で。)

イタリアはアウトバーン有料で、日本みたいに料金所で払います。
無事、ホテル到着!

次回、イタリアって・・・・・・・。
















旅行  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。